ファッション

【気になるちょい古時計|No.03】 第2時間帯を小窓に表示するIWCのフリーガーUTC

2022-02-12

連載3回目はIWCを代表するパイロットウォッチコレクションに属し、1999年に発表されたフリーガーUTCを今回取り上げる。ちなみにフリーガーはパイロットを意味するドイツ語だ。

このフリーガーUTCは、時分針と12時位置に設けられた小窓の数字とで二つの時間帯を同時に表示するUTC(Universal Time Coordinated)機能を搭載したIWC初のモデルである。二つの時間帯を同時に確認できるという点では、表示方法こそまったく違うが、小窓ではなく専用の副時針で時刻を指し示すロレックスのGMTマスター II と同じである。

IWCコピー フリーガーUTC IW325101 メンズ 自動巻き ブラック

タイプ 新品メンズ
型番 IW325101
機械 自動巻き
材質名 ステンレス
文字盤色 ブラック
文字盤特徴 アラビア
ケースサイズ 39.0mm
機能 2タイム表示
デイト表示
付属品 内 外箱
革ベルト 尾錠 共に純正

文字盤の6時位置に記載されている“TZC”とは、Time Zone Corrector(タイムゾーンコレクター)の頭文字をとったもので、小窓にホームタイムを示す24時間ディスクに影響することなく、自由に時針を1時間単位で単独可動できる機構を指す。そのため時差のあるどの国に赴いても、そこの現地時刻(ローカルタイム)に時針を簡単に合わせることができるというものだ。

軍用時計然とした見た目もフリーガーUTCの魅力とひとつと言える。時分針こそ形は違うが、アラビア数字やミニッツインデックに太めのものを採用するなど、軍用時計としての流れを汲むマークXVと基本デザインが同じため、時代を感じさせる味わいのある雰囲気もこのモデルの持ち味となっている。しかし、2003年にスピットファイアという名戦闘機の名前を冠し、デザインもモダンになった新コレクションがパイロットウォッチコレクションとは別に追加されたのを機に、スピットファイアUTC(トップの写真左側)も同シリーズにラインナップ。フリーガーUTCはそれと入れ替わるかたちで、パイロットウォッチコレクションから姿を消したというわけである。

No Comments

Leave a Reply